豊中駅前まちづくり会社


豊中まちづくりフォーラム
「豊中まちづくりフォーラム」 (旧アイボリーフォーラム)は、 各分野のエキスパートをお呼びして毎月1回開催しています。
『第121回 豊中まちづくりフォーラム』のご案内
 
『チェルノブイリ原発事故から
31年の現地視察の報告』
~45年のロシア体験を語る~

button 講演の概要

史上最悪と報じられた原発事故から31年目を迎えた現地を2017年9月に視察してきました。  チェルノブイリ原発事故による立ち入り禁止区域(30㌔圏内から)、10㌔圏、 2017年4月にドーム型シェルター( 再 石 棺 )を被せた4号炉の100m手前まで行き、事故展示室、廃止している2号炉の制御室、 ゴーストタウン化した町、立ち入り禁止区内に住みつづける老夫婦を訪問、 放射能被ばく者の2世、3世の子どもたちの被ばく症のための保養所(サナトリウム)、 放射能医学研究所附属病院、その他を視察し、パワポイントで報告します。

  講師: 石東 直子(都市プランナー)
  日時:2018年3月27日(火)/ 午後6時30分開始
  会 場:ホテル・アイボリー (菫の間 2階) 阪急豊中駅前 (電話:06-6849-1111)
 mark 会場の所在地は上記リンクからご確認ください。
  費用:1,000円 会場準備の都合上ご予約をお願いします。
  mail    参加ご希望の方は[ こちら ]からお申し込みください。
  ★ 開催一覧は[こちら]でご覧いただけます。
■ 次回豊中まちづくりフォーラムは
2018年4月24日(火)に開催します。
「イタリアのまちづくり」 ~マンジャーレ、カンターレ、アモーレよりコムーネ~
講師: 石東 直子 氏 (都市プランナー)
会場: ホテル・アイボリー(菫の間 -2階- )
  お問い合わせは、豊中駅前まちづくり会社まで
      mail  TEL: 06 - 6858 - 6190 または メール
石東 直子(いしとう なおこ) 氏 (都市プランナー)

神戸人。阪神・淡路大震災の復興公営住宅に協同居住のすまい(コレクティブハウジング)を提案し、事業化に向けて自治体と協働し、居住者サポートを続ける。
 東日本大震災・暮らしサポート隊を立ち上げ、関西への避難者のために「癒しと交流の場・みちのくだんわ室」を6年間続ける。折り紙マイスター。 大阪市立大学生活学部卒、神戸大学大学院修士課程修了(都市計画専攻)

◎最近の受賞:

  • 平成24年「日本大判寫眞家協会公募展」で「森山眞弓賞」受賞
  • 平成25年「日本大判寫眞家協会公募展」で「特選」受賞
  • その他、平成25年から日本芸術出版社刊行の写真年鑑「AMATERAS」に招待写真作家として連続して掲載している。
  • 一般社団法人 日本写真作家協会 正会員

◎主な著書:

◇著書「落第社長のロシア貿易奮戦記」(展望社刊)
Link

●フォーラム案内ポスター●

豊中まちづくりフォーラム
過去の開催履歴はこちら